多肉植物のカメムシ対策 おすすめ殺虫剤や予防方法 

近年大量発生しているカメムシ。

カメムシは多肉植物に悪さをします。

カメムシは果実や茎、新芽などの汁を吸う

吸汁害虫の一つで、寄生された植物は弱り

果実や実などは落ちることがあります。

多肉植物にもカメムシが付くことがあり

葉や茎の汁を吸われて弱ってしまいます。

成虫・幼虫どちらも吸汁被害を起こします。

対策方法

手作業で補殺することも可能ですが

カメムシを確実に発見できる

訳ではないので難しいです。

殺虫剤を使う

見つけた際に薬をまいて殺虫する。

こちらは殺虫効果もあり使用後は植物に

浸透することで浸透した植物にも

殺虫効果が出ます。

カメムシの他にもアブラムシ

コナジラミ、ヨトウムシにも効果があります。

ただこちらの殺虫剤は自分で

水で薄め作る必要があるので

それが面倒な人はこちらを買うことを

おすすめします。

カメムシの忌避剤を使用する

忌避剤を使いカメムシを寄せ付けないようにする。

忌避剤を、寄せ付けたくない場所に使用するだけなので

簡単に予防ができます。

家の外壁や窓などに使用する場合と、作物の近くで

使用する場合では、使える薬剤が異なるので

事前によく確認するようにしましょう。

おすすめはこちら↓

ミントやハッカを使う

カメムシはミントやハッカの匂い成分を嫌います。

空いているスペースに、鉢植えのミントなどを置くことで

予防することができます。

最後に

カメムシはどんどん増えていきます。

しっかり予防、殺虫し大事な

多肉植物をカメムシから守りましょう。

※アフィリエイト広告を利用しています。
※アフィリエイト広告を利用しています。
ガーデニング
シェアする
Nikuoをフォローする
NikuoBLOG

コメント