多肉植物におすすめの鉢は?鉢の種類や特徴について

ガーデニング
Nikuo
Nikuo

鉢は植物を育てる時に欠かせないもの。

鉢にも種類がありそれぞれ特徴があります。
その特徴を紹介しながら多肉植物にあった鉢や選び方を紹介して行きます。

スポンサーリンク

鉢の種類

プラスチック鉢

メリット

プラスチック鉢は

安く色や形、デザインも豊富で非常に軽い

という特徴があります。

市場に多く出回っており

簡単に入手することができます

デメリット

一方、デメリットとしては

通気性が悪いという点があります。

したがって水を与えすぎると

根腐れの原因にもなるので注意が必要です。

プラスチック鉢は
熱伝導率が高い(熱しやすく冷めやすい)

という特徴があり根に大きなダメージを

与える可能性が高いという

デメリットがあります。

テラコッタ鉢

メリット

テラコッタ(terra cotta)とは、

イタリア語の「焼いた(cotta) 土(terra)」

という意味があります。

粘土を焼き固めて作られているので、

テラコッタ鉢の表面には

目で見えない無数の小さな穴があります。

穴があるからこそ水分や空気が通りやすく、

通気性や排水性に優れているといわれています。

熱を放出しやすかったり、適度な温度を

保ったり、植物にとって生長しやすい

環境にしてくれます。

デメリット

テラコッタとても割れやすいく重い鉢です。

移動する際には注意が必要になります。

素焼き鉢

素焼きはテラコッタと似たもので

違いは焼かれる時の温度です。

テラコッタ鉢の方が高温で焼かれるため、

素焼き鉢よりも壊れにくいといわれています。

通気性と吸水性は素焼き鉢の方がやや高いです。

木製鉢

メリット

その名のとおり、木材を使った鉢となります。
自然素材で作られているので、

環境に優しいのが魅力的です。

またDIYも簡単にでき排水には欠かせない

鉢穴も簡単に増やすことができます。

デメリット

木材を使っているので、

腐食や劣化は避けることができません。

特に防腐処理なしの木製鉢の取扱いには、

十分な配慮が必要となるでしょう。

「防腐処理加工済」と表示されている

木製鉢も、定期的な手入れが必要となります。

手入れ方法としては、防腐剤を塗る、雨ざらしの

場所に置かないなどが挙げられます。

木製鉢は他の鉢と比べるとどうしても

目に見える劣化が現れやすいことから

土をそのまま入れるのではなく

鉢カバーとして利用するのもおすすめです。

木材の中でもレッドシダー、チーク材といった

耐久性が高いものから、一般的な鉢で使用

されることが多い杉材など様々です。

そのため、木製鉢の劣化をできるだけ遅らせたい

場合は、材質にも注目してみるとよいでしょう。

耐久性が高いものはもちろん値段も高くなってきます。

化粧鉢・陶器鉢

化粧鉢とは、釉薬をかけて焼いた陶器のこと。

鉢の表面が釉薬によってコーティングされ

美しい装飾が施されているものが多く、

観賞用にぴったりです。

メリット

植物をインテリアとしてスタイリッシュに飾りたいのであれば、「化粧鉢」がおすすめです。

デメリット

鉢の表面が釉薬によってコーティングされているため通気性が悪いです。

多肉植物のおすすめの鉢

値段を抑えたいならプラ鉢

値段を抑えたいなら圧倒的にプラ鉢が安いです。
ホームセンターやネットショップで
簡単に入手できます。


私もプラ鉢を使用しており
他の鉢と比べると通気性が悪いですが
問題なく育っています。

私が使用している鉢はこちら↓

多くのタニラーに使われているプレステラ

プレステラとは素材はプラスチックで
作られており8カ所の排水用縦スリット作用で
水はけ良好なので、根が元気に育ちます。

そして、丈夫なので何度でも繰り返し使えて
経済的。値段も高くありません。
多くのタニラーに愛用されており私も愛用しています。

スポンサーリンク

3Dプリンター鉢

こちらは3Dプリンターで作られた鉢。
通気性が非常に高く底面も排水しやすい
構造を採用しており非常に水捌けがよく
根腐れしずらくなっています。

通気性抜群ですが保温もしっかりしており
値段は他の鉢と比べると高くなります。


多肉植物は蒸れに弱いので蒸れる

可能性をグンと下げてくれます。

購入方法はメルカリから

購入することができます。

3DN - メルカリShops
3Dプリンターで作成した鉢、寄せ植え用の鉢や模型などを販売しています。 3Dプリンター出力の際、特徴として積層した痕(凹凸)やバリ等がありますが強度や製品機能に問題はありません。予めご了承ください。 単品・セットでの組み合わせ、ご要望に合わせて販売いたします。 お気軽にお問い合わせください。 一部の商品は普通郵便

鉢の選び方

多肉植物は種類が豊富ですが、多くの種類は
雨が少ない場所や強い日差しの当たる岩場など
乾燥した環境に自生しています。

よって水はけがよくなるための鉢穴は必須になります。必ず鉢穴があるものを選びましょう。

土をしっかり多肉用にすることで育てる環境を
間違えなければ基本的にどの鉢でも
多肉植物を育てることは可能です。


機能性重視やデザイン重視など自分に合った鉢を見つけ多肉ライフを楽しみましょう。

スポンサーリンク
※アフィリエイト広告を利用しています。
※アフィリエイト広告を利用しています。
ガーデニング多肉植物
シェアする
Nikuoをフォローする
NikuoBLOG

コメント